2009年10月19日

苗を選んで楽しい庭造りを

草花の苗を選んで楽しい庭造りを通販において苗を購入するのは勇気はがいる事かもしれませんね。


しかし通販にもメリットがあります。



それは近所の園芸店では購入できないような珍しい草花の苗を手に入れる事が出来るからです。


私はこれまで何度もネットショップで苗を購入していますが、『う〜んこれは・・・』といった経験は一度もありません。



大体は蕾を多くつけ、茎が丈夫で葉が新鮮な色合いのものを送ってきてくれます。



もちろん虫の心配もありません。見えない買い物であるこそショップ側も細心の注意をはらって送り出してくれているようです。



次に大切なのは植える場所・・

草花の苗を植えるには日当たり、風通し槌の排水性を十分に考慮しなければなりませんね。

自分が買おとしている草花の苗の性質をよく調べて植える必要もあります。


素敵な庭造りを期待しています。
頑張りましょうね!!



10月19日の誕生花は ホトトギス

_.JPG


花言葉は 永遠にあなたのもの
posted by 美和 at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

肥料について

■肥料について

肥料について話を進める前に
植物体について知っておかなければならないことがあります。

植物が生命維持活動を行うときに、
根から水と空気を取り入れ、
光エネルギーによって炭水化物を作りだすこと(光合成)は
誰もが知っているはずです。

植物体の90%は炭水化物で出来ていて、
残り10%は無機成分で13種類の元素で構成されています。

炭水化物は炭素と酸素と水素ですから、
合計16種類の元素から植物体は構成されています。

これらの元素は植物の葉や根から吸収されて
生命が維持されています。

光合成で吸収できるのは炭素、酸素、水素です。
炭素は葉から取り入れる二酸化炭素から吸収し
酸素と水素は根から吸い上げる水から吸収します。

残りの13種類の元素はどのように吸収されるのでしょうか?

この残りの13種類は光合成のようにして
自前で作りだすことは出来ません。

これらは土の中の成分から
根を使って吸収されます。

この13種類の元素のうち必要とされる比重の高いものを
「多量要素」と呼び比重の低いものを「微量要素」と呼んでいます。

多量要素は
チッソ、リン、カリウムといった「肥料の三要素」と
光合成によって作られる水素、炭素、酸素と
カルシウム、マグネシウム、イオウです。

全部で9種類あります。
そのうち光合成で作られる炭素、水素、酸素を
除いた6種類が肥料成分です。

野生で生息している植物はこれらを自然のサイクルの中で
摂取しています。

動物の死骸や糞、落ち葉などが
バクテリアなどによって分解され
植物の根から吸収されていくのです。

自然界においては人為的に
肥料など与える必要はありません。

しかし栽培される植物は事情が異なっています。
とくにプランターや鉢に入れられた植物は
大自然のサイクルから断ち切られた状態にありますから、
人為的に必要な要素を与えてあげなければなりません。

露地栽培はプランター栽培よりは
自然に近いのでしょうが、
それでも大自然の養分循環の
サイクルからは断ち切られた状態にあります。

ですから露地栽培の場合でも
人為的に肥料を与えてあげなければなりません。

まして店頭で販売されている多くの苗は
野生の苗よりも花数を多くつけたり、
実を多くつけたりするように人為的な改良が
施されていますから、野生のものよりも
多量に肥料が必要になってきます。

必要になるのは主に生育期です。
この時期植物の生長の勢いは著しく、
それだけ養分を必要とします。

休眠期に入れば根の活動も穏やかになりますから、
この時期に肥料を与えても消化不良のような状態に
陥ってしまいます。

これを一般には根焼けと呼んでいます。
根が水分を吸収するしくみは浸透圧によるものですから、
根の活動が穏やかなときに、
肥料が濃すぎると逆に水分が奪われてしまう状態に
陥ってしまうわけです。

ですから肥料の与える時期は
成長が活発な時期でなければなりません。
 
肥料袋には必ず成分比が記載されています。

【例】
チッソ(N)、リンサン(P)、カリ(K)
5.0:8.0:4.5

この表示に基づいて肥料を200g施せば、
チッソを10g、リンサンを16g、カリを9g
施したことになります。

■肥料成分の働き

■チッソ(肥料の三要素)

チッソは茎葉や根の生育にはなくてはならないものです。
養分の吸収や光合成を促進しますから、
チッソが十分取れている植物は、
葉の生長の勢いもよく、よく伸び、よく根が張ります。

逆にチッソ不足に陥ると、
葉が小さく、色があせ、なかなか伸びてはくれません。

肥料過多の状態になると
徒長になり、病害虫の影響を受けやすくなります。


■リンサン(肥料の三要素)

リンサンは主に開花や結実に重要な働きをします。
根の生長も助けますが、
花色や結実の品質はリンサンの作用が大きく、
不足すると開花や結実が遅れます。

土壌の項で記したように、
火山性の土壌はこのリンサンと結合しやすく、
植物がリンサンを吸収する前に、
土壌自体がリンサンを吸収してしまうため、

火山性の土を使用する場合は、
特にリンサン分の多く含まれた
肥料を使用してあげなければなりません。


■カリ(肥料の三要素)

カリは根の張りに重要な働きをします。
浸透圧の調整やpHの安定化には
なくてはならない要素です。

また酵素の働きを活性化し、
病害虫への抵抗力も向上させてくれます。

日照不足や長雨で株が弱りそうなときにはぜひとも
施してあげていただきたいものです。

カリ分が不足すると株が倒れやすくなり、
病害虫の侵入にさらされやすくなります。


■カルシウム

カルシウムは細胞壁の構造と機能の維持に
重要な役割を果たします。
不足すると組織が崩れやすくなり、
腐れを引き起こしやすくします。


■マグネシウム

マグネシウムは光合成では欠かせない
葉緑素の構成要素です。
各種の酵素の活性化とリンサンの吸収を高めます。
不足すると下葉が落ちやすくなります。


■イオウ
たんぱく質の合成にかかわる重要な要素です。
日本のような火山国の土壌では
不足することはありません。


これらの要素は単独で施すのではなく、
他の成分とのバランスが重要になってきますから、
不足したと思われる場合は、
肥料成分をよく見て、
その状況を救える成分がやや多めに入っている肥料を
選んであげると良いでしょう。
posted by 美和 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

ガーデニングを始めよう

ガーデニングはやってみないとわからない事が多くそのチャレンジが楽しいのですよね。

いくつになっても......。


一年間の自分の変化って社会人になってしまうと、あまり自分では気がつかないものですけど、植物の変化や成長は凄いですよね。

一粒の種が、すっかり植物のカタチになってしまう。南半球から連れ帰った種が、日本で植物のカタチになるのが何とも不思議に思います。



ガーデニングが好きな人にとって、好きな花苗を選んで、あなたの好きなようにデザインして植えつける寄せ植え創りはすさまじく楽しいですよね。


苗選びももちろんですが、苗を植えるコンテナ選びも、寄せ植え創りの楽しみの1つです。


初心者の方には、丸くて浅い鉢がお勧めです。
浅い鉢の方が草丈の低い、扱いやすい花とのバランスがとりやすいのです。


まずは、ガーデニング洋品店に行ってみてください。
色や模様など色んな種類があって見ているだけで凄く楽しいですよ。



10月16日の誕生花は こけばら
Moss Rose

moss1016.jpg.300px.png



花言葉は 無邪気
Innocence
posted by 美和 at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。