2009年10月21日

鉢プランターは植物にあったものを

寄せ植えなどに使用される長方形のプランターには素焼きのものやプラスチックなどがありますが、水はけ、保す異性の両方を兼ね備えているのはやはり素焼きのプランターです。


長方形のプランターは通常横幅が65センチで、園芸店で販売されてる培養土がちょうど一袋はいる容量になっています。

鉢底ネットを敷いて、赤玉大粒を4分の1の深さまで入れ、後は苗を植えてから使用するブレンド土をかぶせます。

平たい丸鉢を使用する場合は中心に背丈の高いものを植え、どこから見ても楽しめるようにしましょう。

根がまっすぐに地中に伸びていく直根性の植物には向いていません。



木の容器はプラスチックや素焼きの陶器に比べて水分が流出しやすいので、
乾燥のし過ぎに十分な配慮が必要です。

表面加工したものでなければ、
水分で鉢が腐ってしまうので要注意です。


木の樽は寄せ植えに大人気です。

ただ土の変わりに容器の半分くらいまで、発砲スチロールを入れて容器を軽くします。



正方形の深い鉢には垂れ下がって育つ植物がお似合いです。
中心には背が高い植物を置くのがよいでしょう。


ストロベリーポットはイチゴを栽培する為の容器でしたが、最近ではそのユニークは形ゆえに様々は植物を植えて楽しんでいる人が増えています。

上段と下段の穴がありますが、上段には垂れ下がる植物を植えるとよいでしょう。



10月21日の誕生花は ステルンベルギア
suterunberugia.jpg

花言葉は 期待あなたは魅力に富んでいる
posted by 美和 at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。