2012年03月08日

ひさしや屋根の影響

ひさしや屋根の有無はベランダに大きな影響を与えます。

夏の日差しと冬の日差しでも60度近く異なるわけですから。

屋根やひさしがベランダの光の量を大きく左右することは言うまでもありませんよね。

またひさしや屋根には、強い日差しや雨などから植物を守るといった働きもあります。

ペチュニアやサフィニアといった花は、雨に当たるとすぐに色あせて、しおれてしまいます。

このように雨を嫌う花もあるため、ひさしや屋根を有効に使えるような植物選びをすればよいわけです。

また強い日差しが差し込むベランダは、風通しも良いので、乾燥しやすい状況にあります。

そこでベランダにヨシズを置いたり、床からの照り返しを防ぐ意味でも、すのこなどを利用するのも良いでしょう。

ちょっとしたアイデアで、ベランダの弱点は、解消することができます。
posted by 美和 at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。