2012年01月27日

ベランダガーデニング@

緑を愛する人は、庭のあるなしにこだわったりはしません。

たとえわずかな広さのベランダでも、
花や緑は楽しめます。

しかし、
広さだけでなく、日当たり、日照時間、風の当たる強さなど、
さまざまな条件が必要になってきます。

でも、それを乗り越える方法はあるものです。

コンクリートや鉄柵で作られた無味乾燥としたスペースも
花や緑で飾られると、そこは癒しのスペースになり、
あなたの安らぎの場となるものです。

ぜひともステキなガーデンを作り上げてほしいものですね。
posted by 美和 at 13:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

冬に戸外で楽しむ花

冬の戸外で花を楽しむには、まず耐寒性のある花を選ぶことが第一ですね。
例として
ガーデンシクラメン
クリスマスローズ
スイートアリッサム
ハボタン
パンジー・ビオラ
プリムラ

などが挙げられます。
このほか、寄せ植えには葉物のシロタエギクやコニファーの幼木も重宝します。

クリスマスローズは以前にも紹介していますね。

ぜひぜひ冬のガーデニングを楽しみましょう。
posted by 美和 at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

アブラムシ・・・

アブラムシは本当に困りますよね!

そこで今日はアブラムシの駆除・退治・予防のための対策についてです。

被害の見分け方)
春〜秋、新芽やつぼみ、葉の裏などに群れるようにして発生します。 大きさは1〜3mmですが、種類が多く、黒、茶、赤、緑などいろいろな色のものがあります。

植物の汁を吸う害虫で、葉の色が悪くなったり、枝やつぼみがしおれたりするようになったら、 アブラムシのしわざと疑ってよいでしょう。 モザイク病などの病原菌を媒介することもあるので、要注意です。

駆除と退治の方法)
完全な駆除・退治は難しい害虫です。 薬剤(農薬)を使うのが一般的ですが、農薬の害が気になる方ははじめは薬剤を使わない方法を試してみるとよいでしょう。

薬剤を使う方法では、マラソン、スミチオン、レルダンなどの乳剤やオルトランCなどのスプレーを散布します。 抵抗力の強い害虫なので、3〜4日に1回ほどの割合で繰り返します。 2〜3種類の薬剤を交代で使うと効果的です。

薬剤を使わない方法では、植木鉢やプランターの小さな草花なら、 ガムテープを5cmぐらいに切り、ペタペタくっつけて捕ります。 牛乳や石鹸、食器洗い用の洗剤を50倍程度に薄めて散布すると、アブラムシを窒息させる効果があります。

また、テントウムシの幼虫で駆除も効くようです。
予防法)
水やりのときにオルトラン粒剤を植物の根元にまくと、植物自体が殺虫効果を持つようになり、 3週間〜1か月程度は予防効果があります。 アリと共生するものが多く、アリの通り道に専用の駆除剤をまいたりして、アリを駆除するとよいでしょう。

これでアブラムシさよなら。
posted by 美和 at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。